米民主党、トランプ陣営ら提訴 大統領選でロシアと共謀疑惑

2018/4/21 7:50
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米民主党全国委員会は20日、2016年の米大統領選でロシア政府と共謀して民主党候補のクリントン氏の選挙妨害をしたとして、トランプ陣営や内部告発サイトのウィキリークスなどをニューヨーク連邦地裁に提訴した。ロシアが同委員会にサイバー攻撃をしかけ、内部情報を流出させたとして損害賠償を求めた。

被告にはトランプ陣営ではトランプ大統領の娘婿クシュナー上級顧問や長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏らが含まれる。トランプ大統領本人は対象ではない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]