豊田通商、衛星測位ベンチャーに出資

2018/4/20 21:21
保存
共有
印刷
その他

豊田通商は20日、衛星測位の関連サービスを手掛けるグローバル測位サービス(東京・中央)に出資したと発表した。出資額は約1200万円で発行済み株式の9%強を取得する。グローバル社の技術を活用し、準天頂衛星システム「みちびき」などに関連したサービスの創出につなげる。

グローバル社は2017年に設立。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した衛星信号補正データの生成システム「MADOCA」を使った実証実験を手掛けており、補正データの配信サービスの技術に強みがある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]