2018年7月21日(土)

プレゼンの出来栄え、AIが客観評価 東大が開発

AI
科学&新技術
2018/4/22 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京大学の山崎俊彦准教授らはプレゼンテーションの出来栄えを客観的に評価する人工知能(AI)を開発した。「説得力がある」や「わかりづらい」など人が抱く印象を14項目に分けて映像から判定する。プレゼン能力の向上に生かすことができるとみており、社内研修での活用を目指す。

 プレゼンテーションの様子を友人や同僚などに聞いてもらっても、印象は人によって様々で、客観的に判定するのは難しい。開発したAIを使えば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報