/

この記事は会員限定です

M&A世界で割高感、18年1~3月、テクノロジー関連が金額押し上げ、ファンド経由で資金流入

[有料会員限定]

企業のM&A(合併・買収)価格に割高感が漂い始めた。2018年1~3月に表面化した世界のM&Aで、対象企業の年間利益に対する価格は19倍に上昇。将来成長を見込むIT(情報技術)関連で高額例が目立ち、世界的カネ余りを背景に投資余力のある投資ファンドが存在感を高めたことも影響している。

米調査会社によると、18年1~3月のM&Aの件数は世界で1万1738件と前年同期から769件減った。一方、総額は1兆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン