2018年5月21日(月)

パソナ・パナソニック、緑化+音響でストレス軽減

エレクトロニクス
住建・不動産
サービス・食品
2018/4/20 18:39
保存
共有
印刷
その他

 パソナ・パナソニック ビジネスサービス(大阪市)は20日、オフィス緑化サービス「COMORE BIZ(コモレビズ)」にJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの音響の知見を付加した新たなサービスを始めると発表した。ストレス軽減効果があるとされる緑化に音響を加えてリラックス効果をさらに高めたサービスとして販売する。

「COMORE BIZ」のイメージ写真

 JVCケンウッドの空間音響サービス「KooNe(クーネ)」と協業してサービスを提供する。高周波成分を含む高音質・広帯域の自然音源と、心地よい間接音響環境を構築することで、居心地の良さにつながるという。

 コモレビズは300平方メートル前後の空間で器具をすべて新調する場合、導入費用は1千万円前後だが、そこにクーネのサービスがオプション料金として加わる。コモレビズではすでにアロマ(香り)を付加したサービスも導入しており、聴覚、視覚、嗅覚に訴えるリラックスサービスとして従業員の生産性向上につなげたい企業に働きかける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報