/

この記事は会員限定です

大王紙、中国トイレ紙で拭いたい国内不振

証券部 白壁達久

[有料会員限定]

大王製紙が中国でトイレットペーパー市場に参入する。1月から現地でテスト販売を開始。現状は製品の輸出だが、今後は現地での加工を視野に入れる。再編が続く製紙業界で生き残りを賭けた海外での積極策にみえるが、その裏には深刻な国内不振がある。

中国の習近平国家主席が掲げる「トイレ革命」。観光地や農村部にきれいなトイレを整備する。水洗トイレが普及すると必要になるのが、水に溶けやすいトイレットペーパー。すでに中国で紙お...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン