米山県政1年半、成果乏しく 巨大野党に終始守勢
(知事辞職の衝撃)

2018/4/20 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県の米山隆一知事の県政運営は女性問題でわずか1年半で幕切れとなった。知事は原発問題だけでなく、医療や教育でも独自色を出そうと試みたが成果は乏しい。県内市町村と積極的に意見を交す姿勢は歓迎されたものの、県議会では巨大野党・自民党と対立するなど難しい対応に終始。支持基盤の脆弱さは辞職の判断にも影響した。

「給付型奨学金を拡充し、多くの人に苦労せずに教育を受けてほしかった。健康ビッグデータも非常に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]