/

この記事は会員限定です

企業と就活生 続く化かし合い

平成の30年 改革 光と影(3)

[有料会員限定]
 バブル景気、就職氷河期、そして再び売り手市場へ。この30年間で大学生の就職活動を取り巻く環境とルールはめまぐるしく変わった。その一方で新卒一括採用という日本独自の慣行は厳然と残り、企業と学生の化かし合いは続く。就活と働き方を巡る平成の改革は、日本社会に何を残したのか。

「遊びゴコロ、カンパニー」というキャッチコピーに「やわらか頭してまーす」というナレーション。住友金属工業(当時、以下同)がそんな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン