/

この記事は会員限定です

ARのリビングスタイル、3億4000万円調達

[有料会員限定]

インテリア関連のアプリを開発するリビングスタイル(東京・新宿、井上俊宏社長)は、カカクコムやベンチャーキャピタル(VC)から3億4000万円を調達した。同社は家具専門店向けに家具の配置をシミュレーションできるアプリや、AR(拡張現実)を使い家具などを疑似的に配置するアプリを手がけている。今回調達した資金は技術開発などに充てる。

デジタルガレージ系のDGインキュベーション(東京・渋谷)と、DGダイワベンチャーズ、カカクコム、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン