2018年12月13日(木)

米タイム誌「影響力ある100人」に安倍首相や孫氏

2018/4/20 2:59
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】米誌タイムは19日、2018年の「最も影響力がある100人」を発表した。指導者部門ではトランプ米大統領や北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長らとともに安倍晋三首相が選ばれた。日本人では「巨人」部門でソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も名を連ねた。

安倍晋三首相、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=共同

安倍首相の名があがったのは2014年以来4年ぶり。オーストラリアのターンブル首相は「安倍氏の自信に満ちたダイナミックな指導力が日本の経済と繁栄をよみがえらせた」と寄稿した。

指導者部門では韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の名もあがった。緊張が高まっていた朝鮮半島情勢を融和に持ち込んだことが評価されたようだ。中国の習近平国家主席や、トランプ氏周辺とロシアの不透明な関係を捜査するモラー特別検察官も選出された。

このほか先駆者部門では、米南部フロリダ州の高校の生徒らが選ばれた。17人が死亡した銃乱射事件を受け、銃規制を訴える活動を全米で盛り上げた。

米誌タイムの「100人」では、毎年世界に影響を与える指導者や芸術家、経営者、芸能人などを選んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報