従業員雇う飲食店、原則禁煙 都条例案は規制厳しく

2018/4/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都は制定を目指す受動喫煙防止条例案で、従業員を雇っている飲食店については店舗面積にかかわらず原則屋内禁煙にする方向で調整に入った。煙を完全に遮断するブースを設ければ喫煙を認め、設置費用を都が助成する。実現すれば都内飲食店の8割以上が規制対象になり、国の法案に比べ大幅な規制強化になる見通しだ。

都は6月に開会予定の都議会への条例案提出を目指す。

受動喫煙防止を巡っては政府が3月、事業者に対策を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]