2018年11月18日(日)

習氏、シリア攻撃批判 英首相と電話会談

2018/4/19 21:31
保存
共有
印刷
その他

【北京=共同】中国の習近平国家主席は19日、英国のメイ首相と電話会談し、シリア情勢について「われわれは一貫して武力使用には賛成しない」と述べ、米英仏3カ国によるシリア攻撃を批判した。中国国営中央テレビが報じた。

習氏は「できるだけ早くシリア情勢を落ち着かせ、衝突の激化や拡大を避ける必要がある」と強調。化学兵器使用疑惑については「公正で客観的な調査」を実施する必要性を訴えた。シリア問題が適切に解決されるよう引き続き努力する考えも示した。

習氏とメイ氏は政治や経済面で協力を拡大し、両国関係の「黄金時代」を積極的に推し進めることで合意した。自由貿易を支持する考えでも一致した。

習氏は19日、トルコのエルドアン大統領とも電話会談した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報