2018年5月23日(水)

1人1日のごみ排出量 長野が3年連続全国最少

北関東・信越
2018/4/19 23:00
保存
共有
印刷
その他

 環境省がまとめた一般廃棄物処理事業実態調査によると、2016年度の長野県の1人1日当たりのごみの排出量は822グラムと、3年連続で47都道府県で最少となった。県は食べ残しの削減やごみ減量の情報発信専用サイト「信州ごみげんねっと」による啓発などの施策を通じ、20年度の排出量を795グラムに減らす目標を掲げている。

 全国平均は925グラムで、長野県は平均より103グラムも少なかった。2位は滋賀県(831グラム)、3位は熊本県(843グラム)と続いた。

 阿部守一知事は「1事業所とか1人の努力ではなく、県民の少しずつの取り組みの結果。皆さんの環境に向けた意識の高さが結果につながった」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報