じょうてつ、観光路線で訪日客の追い風
(企業ファイル)

2018/4/20 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公共交通機関として北海道民の足を支えてきたバス業界。近年は人口減少やマイカー普及による市場縮小に加え、運転手不足といった新たな課題にも直面している。東急グループのじょうてつ(札幌市)は主力のバス事業に加え不動産、物販という3本柱で安定した経営基盤を築き、難局に立ち向かう。

じょうてつが運営する定山渓温泉線「かっぱライナー号」。平日でもアジアや欧米からの訪日客が押し寄せ混雑している。札幌から近い温…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]