2018年11月21日(水)

中国の分断力、欧州も割く  本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/4/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主化に向かうと思われていた国々が立ち止まり、逆走する流れが世界で広がっている。

なかでも目立っているのが、欧州連合(EU)の一員となり、民主主義や市場経済のルールを受け入れたはずの東欧の国々だ。

アジアからながめると、遠い地の出来事に見えるが、そうではない。強権主義が台頭しつつある底流には、ロシアに加えて、中国の影響力の広がりがあるように思えるからだ。だとすれば、アジアにも当てはまる問題だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

強権政治 欧州に拡散 ハンガリー与党、議会選制す[有料会員限定]

2018/4/10付

(社説)欧州の東西対立を憂慮する[有料会員限定]

2018/4/10付

ルーマニア、汚職巡る闘争激化[有料会員限定]

2018/3/5付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報