中韓、南米4カ国とFTA目指す トランプ米政権の保護主義受け

2018/4/19 19:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの南米4カ国で活動する関税同盟、南米南部共同市場(メルコスル)に対し、中国や韓国が太平洋をまたぐ自由貿易協定(FTA)の締結を目指して動き出した。トランプ米政権が通商政策でも自国優先を強めるなか、中韓はこれまで手薄だった南米市場の開拓を目指す。南米側も成長が続くアジアに関心が高い。対日FTA交渉開始の秋波も送るが、日本側はなお…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]