2019年6月17日(月)

石破氏、岸田派政策に共感 「似た方向」と連携期待

2018/4/19 18:44
保存
共有
印刷
その他

自民党の石破茂元幹事長は19日の派閥会合で、岸田文雄政調会長が率いる岸田派(宏池会)が18日に発表した独自の政策骨子について「私どもと似た方向になっている」と共感を示した。9月の党総裁選への立候補に向け、安倍晋三首相の対抗勢力としての連携に期待を表明した格好だ。

岸田派は「宏池会が見据える未来」と題した政策骨子に「持続可能な経済・財政・社会保障の実現」を盛り込んだ。石破氏は2015年の派閥結成時に「持続可能性のある日本」を政策目標に掲げた経緯に触れ「宏池会の努力に心から敬意を表する」と述べた。

首相の看板政策であるアベノミクスを念頭に「今の経済政策の次に何があるのか。これから、いろいろな政策集団と議論していかねばならない」とも強調した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報