2019年1月17日(木)

自治体間で森林情報の共有促進 林野庁、伐採・植林を効率化

2018/4/19 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

林野庁は森林に関するデータの自治体間での共有を促す。各自治体が管理する所有者や樹種などの情報をクラウドシステムで相互に接続する。2022年度にも全都道府県での導入をめざす。森林組合など林業事業者もシステムにアクセスできるようにし、伐採や植林の効率化につなげる。

公有林や私有林に関するデータは都道府県と市町村がそれぞればらばらに管理している。例えば、樹種や植樹の時期などは都道府県が管理する一方、所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報