/

この記事は会員限定です

楽天、社債2000億円発行 携帯参入の設備資金に

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

楽天は6月にも社債を発行し、最大2000億円を調達する。資金は新規参入する携帯電話事業に必要な設備投資に充てる。発行するのは「劣後債」という種類の社債。一般的な普通社債に比べて返済義務の順位が低く、一部が資本とみなされるため格付けが悪化しにくい特徴がある。携帯参入による成長加速と、財務の安定を両立させる狙いがある。

楽天が劣後債を発行するのは初めて。2019年10月から始める携帯電話事業で必要な全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン