20年大河は明智光秀が主役 主演は長谷川博己さん

2018/4/19 19:19
保存
共有
印刷
その他

NHKは19日、2020年の大河ドラマのタイトルが「麒麟(きりん)がくる」で、主人公の戦国武将・明智光秀役を長谷川博己さん(41)が演じると発表した。脚本は大河ドラマ「太平記」などを手掛けた池端俊策さんが書き下ろす。

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の制作・主演発表会見で記念撮影する長谷川博己さん(左)と池端俊策さん(19日午後、東京・渋谷のNHK放送センター)=共同

少し緊張した面持ちで記者会見した長谷川さんは「長旅になりますが、しっかりやりたい。明智光秀は三日天下ですが、僕はこれをやり遂げた後に1年くらい天下がほしい」と語った。

従来とはまったく異なる新しい解釈で、戦国時代の英雄たちを描く。大河ドラマとしては初めて光秀を主役とし、美濃(岐阜県南部)から羽ばたいていく謎めいた前半生に光を当てるという。

大河ドラマは現在、鈴木亮平さん主演の「西郷どん」を放送中。19年は中村勘九郎さん、阿部サダヲさんがリレー形式で主人公を演じる「いだてん」を放送する。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]