/

徴用工像「外交摩擦招く」 韓国外務省

【ソウル=恩地洋介】韓国外務省は19日、植民地支配下で日本企業に徴用された朝鮮半島出身の労働者像を釜山の日本総領事館前に設置する動きに関し、関連する労働組合や許認可権を持つ釜山市などに自制を求めたと明らかにした。16日付で「日本総領事館前への設置は外交摩擦を招く可能性が大きい」などとする文書を送付。代替地として釜山市の「強制動員歴史館」などを提示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン