周辺大は静観の構え 名大・岐大の法人統合協議

2018/4/19 15:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋大と岐阜大が運営法人の統合に向け、2018年度内の合意を目指し協議に入った。「東海地区の国立大の発展と地域の活性化に貢献できる」(名大の松尾清一学長)と訴える今回の構想。周辺の国立大の参加にも期待を寄せるが、今のところ各大学は静観の構えだ。広く波及するような統合のメリットを見いだせるかどうか、協議の行方が注目される。

「議論の進捗状況についてはできるだけ他大学と共有したい。ぜひ、積極的に手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]