/

ソフトバンク、PHSサービスを20年7月末に終了、機器向けは継続

ソフトバンクは19日、ワイモバイルブランドで提供しているPHSサービスのほぼすべてのプランを、20年7月末に終了すると発表した。95年にサービスを開始し、最盛期の97年には700万契約を超えたPHSが、その役割を終えようとしている。

ガスの検針やエレベーターの管理など機器の保守・管理向けに提供している「テレメタリングサービス向け料金プラン」を除いた、すべてのプランを終了する。20年7月末以降、対象プランの契約者はサービスを利用できなくなる。PHSの契約数は17年12月末時点で278万9000件残っているという。

ソフトバンクは、通話を目的とした「ケータイプラン」などの新規受付と契約変更を、18年3月末に停止している。テレメタリングサービス向け料金プランは20年7月以降も継続するが、19年3月末に新規受付を停止する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン