2019年7月17日(水)

新茶初取引で最高値109万円、活況も平均価格は安値

2018/4/19 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

本格的な新茶シーズンが静岡市で幕を開けた。18日に開かれた「新茶初取引」では史上最高値で取引が成立し話題となった。天候に恵まれたことで平均価格が急落する波乱もあったが、5月上旬のピークに向けて取引は活発化しそうだ。

18日午前7時すぎ、静岡市の静岡茶市場ではさっそく、売り手と買い手がそろばんを片手に相対で価格交渉を始めた。取引成立を示す「パ、パ、パン」の手拍子が四方から聞こえてくる。

ひときわ大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。