2019年7月17日(水)

道内企業、人手不足がバブル期超え 北洋銀の18年度調査

2018/4/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

北洋銀行は18日、2018年度の道内企業の雇用動向調査をまとめた。雇用人員判断指数(DI、「過剰」と回答した企業の割合から「不足」を引いた値)はマイナス55と、前年同期から13ポイント低下した。バブル期の1991年の水準(マイナス42)を下回った。建設業や卸売業など、ほぼ全ての業種で人手不足が深刻化している。

18年度の下げ幅はアベノミクスの本格始動で景況感が改善した13年度(16ポイント低下)以来の大きさとなった。業種別では建設業が12ポイント、卸売業が31ポイント下げた。「高齢化、技術者不足が深刻だ」(一般土木建築工事業)との声が出ている。

新卒採用では、計画に対する充足率が「予定通り」と答えた企業は43%と6ポイント低下した。「大量採用した時期の社員はポストがない一方、若手社員は不足している」(自動車小売業)などの指摘が挙がった。

調査は2~3月に道内702社に実施。54%の381社が答えた。調査した北海道21世紀総合研究所(札幌市)は「夏にかけて観光業などで一層、人手不足感が強まる」とみている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。