/

この記事は会員限定です

ロシア経済「戦時体制」 外圧に備え、物価抑制に注力

[有料会員限定]

【モスクワ=古川英治】ウクライナ侵攻やシリアへの軍事介入を巡って米欧と激しく対立するロシアのプーチン政権が経済の防衛策を固めている。制裁による打撃を抑えるため、インフレ抑制に注力。国外市場での資金調達難を見越して在外ロシアマネーを国内に還流させることももくろむ。米欧との外交面の対決姿勢と並行して、経済でも「戦時体制」を強調して引き締めを図っている。

プーチン大統領は17日、ナビウリナ中央銀行総裁や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン