長谷工の電力事業 関電に売却へ 200億円超で

2018/4/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長谷工コーポレーションは子会社を通じて手がけるマンション向け電力事業を関西電力に売却する方向で最終調整に入った。売却額は200億円を超えるもよう。2016年4月の電力小売り全面自由化で「一括受電」と呼ぶマンション向け電力販売の競争が激しくなっており、今後も再編が加速しそうだ。

売却するのは長谷工アネシス(東京・港)が提供するマンション1棟に電力を丸ごと供給する一括受電事業。割安な高圧電力を発電事…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]