2018年8月19日(日)

インク原料や包装ラップ増産、個食や作りおきに商機

2018/4/18 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 自宅などで1人で食事をすることを指す「個食」や食事の「作り置き」に対応して素材各社が包装ラップや容器などを増産する。クレハは包装ラップ原料を、東洋製缶は紙容器の生産能力をそれぞれ10~15%引き上げる。共働き世帯は夫婦がいる世帯の4割にあたる1200万世帯に迫る。食生活の変化で生まれる需要増を取り込む。

 クレハは茨城県と兵庫県の樹脂加工拠点に十数億円を投じ、2019年3月末までに包装ラップ「NE…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報