/

この記事は会員限定です

成長する冷食市場、次の標的はインバウンド

[有料会員限定]

冷凍食品の市場が活況だ。日本冷凍食品協会(東京・中央)が18日発表した2017年の冷凍食品生産量は数量ベースで過去最高だった16年を3%上回る160万トンに達し、金額ベースでも02年以来の7000億円台となった。簡単に調理できる点が評価されているほか、ドラッグストアなどに販路が広がり、幅広い年齢層が食べるようになった。

冷食業界が次のターゲットとして想定しているのは、年々増加するインバウンド(訪日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン