球場が呼んでいる(田尾安志)

フォローする

大谷に思う米国野球の遊戯性と懐の深さ

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2018/4/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

現役時代に日米野球で様々な投手と対戦したが、意外にも大リーガーの中に「すごい」と感じる投手はそれほどいなかった。むしろ、きりきり舞いさせられた印象が強いのは大リーガーの卵たちだ。1975年の日米大学野球選手権。当時同志社大4年で、日本代表の一員として米国に遠征した私は彼らの球の速さに圧倒された。

その一人がフロイド・バニスター。左腕から繰り出す速球は見たこともない速さで、あの江川卓(当時法大)の…

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

球場が呼んでいる(田尾安志) 一覧

フォローする
完封で5試合連続完投勝利を果たした中日・大野雄(1日)=共同共同


 中日の大野雄大が9月1日の広島戦で5試合連続完投勝利をマークした。先発、中継ぎ、抑えの分業制が定着し、一度も完投せずにシーズンを終える先発投手も珍しくなくなった中、これだけの試合を誰の救援も仰がず一 …続き (9/6)

7月だけで打率4割3分3厘をマークしたソフトバンク・柳田。8月も好調は続くか=共同共同

 好不調の波は必ずといっていいほど訪れるもので、調子の良い状態がシーズン終盤まで続くことはまずない。中日での現役時代、4月に打率4割5分をマークして月間最優秀選手(MVP)に選ばれたものの、5月は一転 …続き (8/2)

プロ野球公式戦が開幕した6月19日、東京・神田の居酒屋でテレビ観戦するファン。解説と実況がかみ合えばファンもより楽しめるはずだ=共同共同

 無観客試合は色々とイレギュラーなことが起きるものだ。6月21日に神宮球場で行われたヤクルト―中日戦で、バックネット裏でラジオの実況アナウンサーが「(捕手が)インコースに構えた」と発した声がグラウンド …続き (7/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]