/

熊本で米軍ヘリ緊急着陸 普天間所属、不具合か

(更新)

18日午後1時15分ごろ、機体に不具合を起こした米軍の多用途ヘリコプターUH1が、ともに飛行していたAH1攻撃ヘリと熊本空港へ緊急着陸した。けが人はなく、民間機や近隣への影響もなかった。政府関係者によれば、2機は米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の所属。

熊本空港に緊急着陸した米軍のヘリコプターUH1(18日)=共同

防衛省によると、熊本空港は陸上自衛隊高遊原分屯地との共用で、機体は自衛隊が所管する区域に駐機。外観に問題はなく、予防着陸とみられる。UH1のオイルクーラーに不具合が生じたらしい。

九州防衛局によると、機体は福岡空港(福岡市博多区)内にある米軍板付基地から、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)へ移動中だった。防衛局は整備・点検や安全管理の徹底と、緊急着陸の原因についての情報提供を米軍に申し入れた。

米軍は共同通信の取材に、地域社会に心配をかけたとして陳謝した上で、着陸の理由についてUH1がメンテナンス上の問題を抱えていたためで、AH1に故障はなかったと説明した。最寄りの空港に安全に着陸させるために、標準的な作業手順に従って適切な措置を取ったと強調した。

米軍のUH1を巡っては、1月6日に沖縄県うるま市の伊計島で、普天間所属の同型機が砂浜に不時着。米軍は大型輸送機で2日後につり上げて撤去した。陸自のUH1も3月29日に油圧系統の配管から油が漏れ、鳥取県の米子空港に緊急着陸した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン