2018年7月19日(木)

7/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  2. 2位: 割安電機株に上昇サイン 景況改善や稼ぐ力に着目[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 4日続伸 円安好感、利益確定売りで伸び悩む
  4. 4位: 円独歩安113円台 関心は再び金利差に[有料会員限定]
  5. 5位: サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,596,681億円
  • 東証2部 98,848億円
  • ジャスダック 104,289億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.65倍15.11倍
株式益回り6.82%6.61%
配当利回り1.65% 1.69%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,794.19 +96.83
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,800 +80

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

日経平均310円高、イベント結果前に見切り発車
証券部 黄田和宏

2018/4/18 15:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 18日の東京株式市場では、市場が注視する日米首脳会談の最終的な結果を待たずに株価上昇に勢いがついた。日経平均株価は前日比310円高の2万2158円で取引を終了し、約1カ月半ぶりに2万2200円台を回復した。北朝鮮を巡る緊張が緩和するとの期待から投資家のリスク回避ムードが大きく後退し、幅広い銘柄に買いが広がった。海外勢が日本株への買いを再開するとの期待も出ている。

 この日の株高のきっかけになったの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

18日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム