2018年9月23日(日)

ゲーム理論で考える安全保障(6) 先制攻撃論、戦略的安定損なう
栗崎周平 早稲田大学准教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/4/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 昨年、自民党の安全保障調査会が北朝鮮の核ミサイル開発を念頭に、敵基地攻撃能力の保有を政府に提言したことが話題となりました。敵基地攻撃とは、敵国が攻撃に着手する前に、先制してその攻撃能力を無力化する試みのことです。政界では先制攻撃と専守防衛との整合性などが論じられていますが、ここでは先制攻撃がどのような「コミットメント」問題を引き起こすか考えてみましょう。

 先制攻撃で敵国の攻撃能力を完全に無力化で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報