/

3歳クラシックで新種牡馬旋風 高水準の争い

産駒のさらなる活躍に期待

3歳クラシック戦線で新種牡馬旋風が吹き荒れている。牝馬クラシックの第1弾、桜花賞(8日、G1、阪神芝1600メートル)ではロードカナロア産駒のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が1分33秒1という桜花賞史上、最速のタイムを記録する圧勝。3歳三冠の1冠目である皐月賞(15日、G1、中山芝2000メートル)では、オルフェーヴル産駒のエポカドーロ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)が2着に2馬身差をつけて勝った。その年の3歳世代が初年度産駒という種牡馬の子が桜花賞と皐月賞を連勝するのは1993年(桜花賞がトニービン産駒のベガ、皐月賞がリヴリア産駒のナリタタイシン)以来。ロードカナロアとオルフェーヴルの両雄が、高水準の争いを繰り広げている。

桜花賞はロードカナロア産駒のアーモンドアイ(右端)とオルフェーヴル産駒のラッキーライラック(右から2頭目)が1、2着を占めた(8日、阪神競馬場)=共同

「瞬発力がアンビリーバブルだった。トリプルクラウンも考えられる」。桜花賞のレース後、アーモンドアイに騎乗したクリストフ・ルメールが興奮気味に同馬を絶賛した。国内外の名馬の背を知る名手をうならせるほど、アーモンドアイの桜花賞の勝ち方は圧巻だった。17頭中の16番手を追走し、最後の直線だけで前にいた馬をごぼう抜き。先頭に立った後は流す余裕さえみせた。最後の600メートルは出走馬中最速の33秒2。2番目に速い馬よりも1秒も速い破格のタイムだった。2着のラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)は2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を勝った実力馬だが、これを全く寄せ付けなかった。ラッキーライラックはオルフェーヴル産駒。新種牡馬の子が1、2着を占めた。

一方、皐月賞のエポカドーロは先行馬3頭が引き離す展開の4番手という、絶好の位置からレースを進め、最後の直線で抜け出してきた。2歳王者のダノンプレミアム(牡、栗東・中内田充正厩舎)が出走を回避したことに加え、雨の影響でやや重馬場になるなど、展開面以外にも恵まれた点があったのは否めない。とはいえ、騎乗した戸崎圭太が「乗りやすい」と語ったように、長所は発揮できた。

優等生とやんちゃ、好対照

初年度産駒から好成績を残すロードカナロアとオルフェーヴルは現在10歳と同い年。ロードカナロアは現役時代、短距離のレベルが高い香港のG1、香港スプリントを連覇(2012、13年)するなど、国内外で1200~1600メートルのG1で6勝を挙げた。19戦して全て3着以内と安定感も抜群。短距離馬でも折り合い面の心配がない「優等生」という印象だった。

対照的にオルフェーヴルはやんちゃな馬だった。11年の菊花賞(G1)で三冠を達成した直後に騎手を振り落とし、12年の阪神大賞典(G2)ではレース途中に逸走した。2着に8馬身差をつけて勝ち、引退を飾った13年の有馬記念(G1)のように強さは圧倒的。世界最高峰のレースの1つ、仏・凱旋門賞(同)で12、13年と2年続けて2着に入るなど、国外でも活躍したが、その強さの裏には「降りるまで油断できない」(主戦騎手の池添謙一)という危うさをはらんでいた。

種牡馬になってからの成績をみても、対極にある2頭の個性が表れているのは面白い。ロードカナロア産駒は昨夏のデビュー以降、コンスタントに好成績を残している。15日までに中央で132頭が出走して47頭が勝ち上がり、計62勝を挙げた。一方のオルフェーヴル産駒は119頭中、勝ったのは21頭だけで、勝利数も27とロードカナロアの半分以下にとどまる。それでもラッキーライラック、エポカドーロと2頭のG1勝ち馬を出した。種牡馬オルフェーヴルは、自身の現役時代同様にムラがあり、大物が出る半面、全く勝てない産駒も多い「ホームランか三振か」というタイプではないかと予想されていた。今のところはその見立て通りである。

エポカドーロが皐月賞を勝ち、オルフェーヴル産駒が初クラシック制覇を飾った(15日、中山競馬場)=共同

ロードカナロア産駒は総じておとなしく、乗り手の指示に従うという優等生的な父の長所を受け継いでいる。短距離で活躍した種牡馬としては珍しく、スピードに任せて逃げて押し切るというような競馬をする産駒は少ない。アーモンドアイや皐月賞で4着に入ったステルヴィオ(牡、美浦・木村哲也厩舎)のように中団や後方で末脚を温存し、最後に追い上げてくるような馬もいる。落ち着きからくる、レースのうまさを持ち合わせている産駒が多い印象だ。

それでは、オルフェーヴル産駒には父の荒々しさが伝わってしまっているのか。少なくともG1馬2頭については違うようだ。エポカドーロに騎乗した戸崎は「テンションも上がらず、どっしりとして騎手を不安にさせない余裕が馬にある」と話す。ラッキーライラックの松永調教師も「てこずるところはないし、普段から落ち着きがあって無駄な力を使わない馬」と語る。父の悪いところは受け継がず、落ち着いた気性を持つ点が、優秀なオルフェーヴル産駒の特徴といえるのかもしれない。

ロードカナロアもオルフェーヴルも、これからさらに産駒の活躍が見込めそうだ。ロードカナロアは現役時代、4歳秋以降に本格化した。「父と比べると、産駒は早くから活躍してくれている」(現役時に同馬を管理していた安田隆行調教師)が、それも自身の高い能力が伝わっているからこそだろう。ロードカナロアの成長曲線を考えれば、子供たちも今後、一層の成長が期待できる。オルフェーヴルも成長力があり、初年度産駒の勝率や連対率は2歳時より3歳時の方が高くなっている。

オークスで再び対決へ

次は日本ダービー、オークス(いずれもG1)と、牡牝を問わず、東京芝2400メートルで行われる2冠目に臨むことになる。特に牝馬のオークスでは再度、アーモンドアイとラッキーライラックの新種牡馬対決となる可能性が高い。「落ち着きのある馬で、距離は気にならない」とアーモンドアイの国枝調教師がいえば、ラッキーライラックの松永調教師も「もともと距離が延びてよさを発揮する馬だと思っていた」と語る。

短距離路線を歩んだロードカナロアと中長距離路線を戦ったオルフェーヴルは現役時代、同じレースに出たことはない。父となって初めて真っ向からぶつかった両雄の戦いは、早くも目が離せないものとなっている。

(関根慶太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン