/

トランプ氏「TPPより2国間協議」 対日FTA意欲

【パームビーチ=河浪武史】トランプ米大統領は初日の日米首脳会談を終えた17日夜(日本時間18日昼)、ツイッターで貿易問題に触れて「日本は我々に環太平洋経済連携協定(TPP)に復帰するよう求めているが、2国間協議のほうが断然効果的だ」と反論した。日本側が求めるTPPの枠組みでの貿易交渉ではなく、日米自由貿易協定(FTA)への意欲を改めて示したものだ。

トランプ大統領と安倍晋三首相はフロリダ州パームビーチで開いた17日の首脳会談で、北朝鮮問題に加えて貿易問題も協議した。トランプ氏は日本に貿易不均衡の是正を求めており、日本は以前からTPPへの復帰を米国に呼びかけていた。日米首脳は18日に貿易問題を集中討議する方針で、トランプ氏は日米FTAに向けた2国間協議を改めて求める可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン