トランプ氏「TPPより2国間協議」 対日FTA意欲

2018/4/18 12:53
保存
共有
印刷
その他

【パームビーチ=河浪武史】トランプ米大統領は初日の日米首脳会談を終えた17日夜(日本時間18日昼)、ツイッターで貿易問題に触れて「日本は我々に環太平洋経済連携協定(TPP)に復帰するよう求めているが、2国間協議のほうが断然効果的だ」と反論した。日本側が求めるTPPの枠組みでの貿易交渉ではなく、日米自由貿易協定(FTA)への意欲を改めて示したものだ。

トランプ米大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」に到着し、出迎えを受けて報道陣に手を振る安倍首相(17日午後、米フロリダ州パームビーチ)=小高顕撮影

トランプ米大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」に到着し、出迎えを受けて報道陣に手を振る安倍首相(17日午後、米フロリダ州パームビーチ)=小高顕撮影

トランプ大統領と安倍晋三首相はフロリダ州パームビーチで開いた17日の首脳会談で、北朝鮮問題に加えて貿易問題も協議した。トランプ氏は日本に貿易不均衡の是正を求めており、日本は以前からTPPへの復帰を米国に呼びかけていた。日米首脳は18日に貿易問題を集中討議する方針で、トランプ氏は日米FTAに向けた2国間協議を改めて求める可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]