/

この記事は会員限定です

つみたてNISAが50万口座 「職場単位」の勧誘に活路

[有料会員限定]

積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)がスタートを切って4カ月近くがたち、開幕戦の実態が見えてきた。金融庁は取扱金融機関に3月末までの口座数などの報告を求めている。2012年末の税制大綱で、同庁の森信親長官が制度創設を強く求めたこともあり、「金融庁は成果を気にしている」(大手販社幹部)ようだ。

口座獲得でネット証券が優位に

大手金融機関の担当者は3月末のつみたてNISAの口座数について「50万件か、これをやや上回る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン