/

この記事は会員限定です

シェアハウス破綻、投資家救済のハードル高く

[有料会員限定]

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資トラブルの影響が広がってきた。すでに止まっている所有者への賃料の支払いは、運営会社の破綻で難しい情勢。一方、大半の所有者に土地・建物代金を融資したスルガ銀行は、運営会社の破綻の有無にかかわらず「融資契約は有効」との見解を崩していない。投資家救済のハードルは依然として高い。

かぼちゃの馬車は、9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、実質的に経営破綻した不動産会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン