/

トルコ非常事態宣言、7度目の延長へ

【イスタンブール=シナン・タウシャン】トルコのボズダー副首相は17日、閣議後の記者会見で2016年7月のクーデター未遂事件後に発令した非常事態宣言を19日から3カ月間延長すると述べた。延長は7度目で、今回の延長で非常事態宣言が丸2年間続くことになる。

欧州連合(EU)の欧州委員会は17日、EU加盟候補国であるトルコの政治状況などを審査した18年版の報告書を発表した。「非常事態宣言による大量の解雇、拘束、逮捕を深刻に懸念している。非常事態宣言を即刻廃止すべきだ」と明記した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン