/

宇都宮大の学生が地域の課題解決 空き家活用など

宇都宮大学の学生が地域課題の解決に取り組む「地域プロジェクト演習」が本格的にスタートした。17日、同演習に参加する学生と宇都宮市や日光市など栃木県内の11自治体の職員らが初顔合わせし、地域の実情や今後の調査計画について話し合った。学生は今後1年間で、空き家活用や高齢者の健康づくりなど幅広いテーマで解決策の立案に取り組む。

地域プロジェクト演習に参加する学生と自治体職員が初めて顔合わせした(17日、宇都宮大学)

演習には地域デザイン科学部の3年生約150人が全員参加する。自治体やNPOなどから事前に提案のあった28テーマの中から、興味を持ったグループに入る。職員への聞き取りや実地調査などを通じて解決策を練り上げる。

演習は2年前に設置された地域デザイン科学部の目玉授業。準備を進めてきた中島史郎教授は「地域を支える有能な人材を育成したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン