寺社の檀家 管理ソフト ガンジス、先祖の言葉など記録

2018/4/18 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトウエア開発のガンジス(福井県あわら市)は、寺社向けの檀家情報管理ソフト「お寺のご縁帳」を開発し、販売を始めた。住職と檀家の会話内容の記録や逝去日から法要スケジュールを自動計算するなどの機能を搭載している。先祖の言葉を後世に伝え、世代を超えて檀家との関係を維持する住職の役割をサポートする。

特長は会話記録と会費や布施のデータをひとつの画面で時系列に沿って表示する点にある。例えば法要などの前に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]