2018年10月18日(木)

ADB総裁、アジア投資銀との協調に意欲

2018/4/17 21:03
保存
共有
印刷
その他

アジア開発銀行(ADB)の中尾武彦総裁は17日、都内で記者会見を開き、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)との関係について「競争より、協調融資を増やしたい」と話した。AIIBのガバナンスの未熟さを指摘する意見があるなか、「AIIBの仕事の進め方を国際的な基準に引き寄せるためにも協調したほうがいい」とした。

5月にマニラで開くADBの年次総会を前に中尾氏が来日した。AIIBとの連携の深化について「アジアにはインフラの需要が大きい。ADBと多くの点で異なるが、違うからこそ補完し合える。対立するようなことはない」と述べた。

日本は17~18日に米国と首脳会談を開く。北朝鮮の核・ミサイル開発や拉致問題の対処が大きな課題である一方、北朝鮮は貧困問題も抱える。

ADBが北朝鮮を援助する考えについて問われると、中尾氏は「加盟国の判断だが、そういう議論をする段階ではない」と述べた。そのうえで、「もし多くの加盟国が助けなければいけない平和な国だと考えれば当然、ADBあるいは国際通貨基金(IMF)、世界銀行は重要な手段だ」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報