パナマ運河の通航枠増加へ 米産LNGの輸入拡大

2018/4/18 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

資源輸送の重要な経路である中米のパナマ運河で、米国産液化天然ガス(LNG)の運搬船の通航量が拡大する見通しとなった。パナマ政府が量の制限を近く緩和する。米国はシェールガス革命を受けて、LNGの輸出を拡大する方針。懸案だった輸送面の制約が和らぐことで、世界最大のLNG消費国である日本にとっては資源調達先の多様化につながる。

LNGは主に火力発電所の燃料や都市ガスの原料に使われる。石炭に比べて二酸化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]