/

M&A案件 円滑化へ責任者 日医工、5月から

日医工は重要な事業戦略と位置づけているM&A(合併・買収)の効果を発揮させるため、買収後の統合作業の円滑化に取り組む責任者を新たに置く。担当者を明確化することで買収先企業との連携効果を引き出しやすくする。まずは3月に買収を発表したエーザイ子会社との共同販促策などをまとめたい考えだ。

PMI(買収後の統合作業)統括責任者1人を5月1日付で置く。同社は「M&Aを成功させるには買収後、いかにシナジー効果を引き出すかが重要だ」と狙いを説明する。同社は後発薬事業を中心にM&Aを繰り返している。今後も買収などで規模拡大を続ける考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン