/

この記事は会員限定です

TPP 対米交渉にらみ成立急ぐ 政府・与党、国会審議入り

日米FTAの「防波堤」に

[有料会員限定]

米国を除く11カ国が署名した環太平洋経済連携協定(TPP)の新協定「TPP11」の承認案が17日、衆院本会議で審議入りした。政府・与党は今国会で承認して早期の発効を目指す。2国間の通商交渉やTPPの再交渉をちらつかせる米国をけん制する狙い。ただ今国会で国内手続きを終えられるかは予断を許さない状況だ。

「日本がいち早く成立させたい」。TPPを担当する茂木敏充経済財政・再生相は同日の閣議後の記者会見で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン