2018年7月16日(月)

北九州市、市外100校に就職PR
九州・山口で職員派遣

九州・沖縄
2018/4/17 18:10
保存
共有
印刷
その他

 北九州市は4月下旬から市外の大学・短大、高校など100校に職員を派遣し、市内への就職や移住をPRする。就職期の若者流出が課題となるなか、学校関係者と顔のみえる関係を築いて市の魅力発信や市内企業との交流機会につなげる。

 「学生就職応援プロジェクト」として市の産業経済局14課の職員40~50人が2人1組で訪問する。対象は九州・沖縄、山口県の工業系高校44校など企業就職を控えた学生が多い100校。5月末にかけて卒業生の就職先なども聞き取る。夏以降に各校の就職担当者を市に招いたり、学生向けの市内企業見学ツアーなどを催したりする。

 同市初の試みで、プロジェクト専用の名刺も作成。人口減の主因の1つである若者流出に歯止めをかけたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報