2018年4月25日(水)

中国外相「改善の勢い、後退させず」

政治
2018/4/17 20:02
保存
共有
印刷
その他

 中国の王毅国務委員兼外相は17日、自民党の二階俊博幹事長と都内で約1時間会談した。王氏は日中関係について「改善の勢いが出てきた。二度と後退させないよう努力する必要がある」と指摘。二階氏は「前を向いてスピードアップしなければならない」と応じ、関係強化で一致した。王氏は中国の広域経済圏構想「一帯一路」についても日本の協力を求めた。

 王氏はこれに先立って経団連の榊原定征会長とも約45分間会談した。榊原氏は会談後、日本経済新聞に「官民で協力できる具体的な内容について前向きな話ができた」と述べた。「一帯一路」も議題に挙がったことを明らかにした。米中の貿易摩擦を巡る懸念が強まるなか、王氏は中国を取り巻く経済情勢を説明したという。

 日中両政府は16日の日中ハイレベル経済対話で、自由貿易体制の重要性を確認。双方がグローバルな課題の解決に責任ある役割を果たすことで合意している。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報