/

この記事は会員限定です

CVCが促す大企業選別

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

東京・新橋駅のそばに「0哩(ゼロマイル)標識」という史跡がある。1870(明治3)年に測量の起点となるくいが打たれた、鉄道発祥の地だ。ここで先月、ある会社が門出の式を開いた。

JR東日本スタートアップ(東京・渋谷)。出資枠50億円のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)だ。「スタートアップ企業と新しいレールを敷きたい」。柴田裕社長は訴える。

国鉄の民営化から30年あまり。JR東日本は鉄道や駅、エキナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1934文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン