/

この記事は会員限定です

オープンデータ、本格普及へ 国・自治体が活用促す

[有料会員限定]

国の公式な統計から役所が事務処理のために集めたデータまで、2次利用可能なかたちで公開するオープンデータへの取り組みが広がってきた。内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室の調査によると2018年3月現在、全国47都道府県のすべてと303市区町村がオープンデータを実施している。データを地域社会の課題を解決するために積極活用し、官民協働で新しいサービスや事業を展開するオープンガバナンスにつなげようとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン