/

この記事は会員限定です

ゲーム特許訴訟 スマホが火 任天堂vs.コロプラに注目

[有料会員限定]

大手ゲーム会社が特許を侵害されたとして同業を相手に訴訟を起こす事態が相次いでいる。2017年12月には任天堂が国内で初めてコロプラを提訴し、ゲーム愛好者らの関心を集めた。スマートフォン(スマホ)の普及で業界内の勢力図が一変。ゲーム特許の陣取り合戦は激化する一方だ。

任天堂が問題にしたのはコロプラの主力スマホゲーム「白猫プロジェクト」。タッチパネル操作に使う技術など6つの特許を侵害されたとして、44億円の損害賠償...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン